TOKITEC BLOG

時計針について

2015年3月26日

テーマ:時計製作ブログ 腕時計解説

今回は時計の針についてお話します。

アナログ時計は「針/ハンド」が文字板の中心で回って時刻を表示しますが、この針という部品も様々な形状と仕上げがあります。

1

 

弊社で針のデザイン形状を決める時には上記のような既製の針カタログ(工場によって違います)を参考にしてお客様にご提示するのが通常ですが、中には針デザインをオリジナルにしたいとご希望のお客様もいらっしゃいます。

オリジナルの針については納期・コスト面での制約はありますが、設計上問題がなければ自由な形状デザインでの製造が可能です。

色についてはメッキ色は勿論、塗装、蓄光入りも取り扱っています。ご検討下さい。